書式ダウンロード
採用情報ページへ
せんせいのこどもめがね日記
ガラスのまえのピーすけ
オリジナルソングを歌おう
げんきいっぱいフォトアルバム

 

もみの木保育園 若葉台

 

 

 

 

保育理念

理念

キリストの愛と奉仕の精神に基づき
○ 子どもひとりひとりを大切に、その最善の利益と望ましい未来を第一に考えて保育を行ないます。
○ 子育て支援のパートナーとして保護者と連携し協力しながら、専門家として日々研鑽に努め、子育てに関する有用な情報を提供していきます。

 

保育目標

子どもたちはだれでも無限の可能性を秘めています。子どもたち自身が尊き自己を発見し、それぞれに与えられた天分を、将来十分に発揮できるための土台づくり、わたしたちはそのためのお手伝いさせていただきたいと考えております。
保育目標は「きれいな心」「よい頭」「つよい体」の光の子の育成です。

 

保育を通して子供たちに伝えたいこと

1.安心してのびのびと遊べる場所
くつろいだ雰囲気の中で、伸び伸びと遊べることに保育の主眼をおいています。子どもたちの生活の場として清潔で安心して過ごせる環境を整えています。

 

2.かけがえのない自分を知る
聖書のお話しを通して、私たちひとりひとりが神様に愛されるかけがえのない存在であることを知ります。日々生かされていることを感謝し、自分と違った他者を認め、自分と同じように大切にすることを学びます。

3.生命の大切さを知る
動物の飼育や植物の栽培などを日常的に行なっています。知識として自然を学ぶのではなく、実体験として生き物と関わり、五感を通して感じることによって、自然のすばらしさや生命の大切さをみんなで分かち合っていきます。

 

4.やはりしつけも大切なこと
日常生活に必要な基本的習慣や態度を、子供達の発達段階に応じて身につけられるように援助し、心身の健康の基礎を培っていきます。

 

5.思考力の芽生えを培う
自然や社会の事象についての子供達の持つ興味や関心を引き出し共に考えて、それらに対する豊かな心情や思考力の基礎を培っていきます。

 

6.道徳性を育てる
子どもたちにとっては初めての集団生活の場です。ぶつかり合いやがまんも経験しながら、自主、協調などの社会的態度や、まわりに迷惑をかけないなどといった道徳性の芽生えを大切に育てていきます。

 

7.豊かな情操と創造性を育む
日常の中で出会う多くの感動体験や歌、絵画、製作、劇あそび等の表現活動を通して、豊かな情操と創造性を育み、発達段階に応じて正しく豊かな言葉を養っていきます。

 

8.行事を大切に
伝統的な行事も含め、様々な行事を行なっています。子供達が行事に参加することにより、家庭や地域そして社会とのかかわりを有意義に体験してゆけるような内容を工夫しています。
また、発表や行事で当日見せるための保育活動ではなく、それぞれの活動自体に重きを置いた取組を心がけています。

 



このページのトップへ