書式ダウンロード
採用情報ページへ
せんせいのこどもめがね日記
ガラスのまえのピーすけ
オリジナルソングを歌おう
げんきいっぱいフォトアルバム

 

もみの木保育園(長峰)

 

 

 

保育内容


全人教育
玉川学園の創立者小原國芳先生が提唱された教育理念で、保育内容に人間文化の総てをバランスよく盛り込み、それらを調和的に成長させていこうというものです。

 全人教育  全人教育


クラス編成とカリキュラム

年齢別クラス編成で、クラス別又は小グループ別に毎日の保育が行なわれます。低年齢ほど小集団を心がけ、異年齢児との自然なかかわりも大切にしていきます。
四季の移り変わり、その日の子どもの状況に配慮しながら、保育目標に沿ったさまざまな活動に取り組んでいます。

 自由遊び



朝の挨拶、持ち物の整理も早々に「自由遊び」が始まります。それぞれが好きな遊びを見つけて十分に遊び込める様、必要な場合は保育士がきっかけを作っていきます。「自由遊び」は、遊びの原点であり、友だちとの関わり方や様々なルールを身につける場、また、運動機能の発達も促します。
自由遊び
 朝の会
 
朝のお集まりの時間になると、席について全員の顔が揃います。一人ひとりの名前を呼び、手遊びをしたり、歌をうたったり、お祈りをしたりして一日がはじまります。幼児クラスになると、聖書のお話を聞いたり、讃美歌やゴスペルを取り入れ、日々生かされていることを喜び、感謝する心を育てていきます。
朝の会
 クラス別活動
 
保育計画に基づいて、担任の指導のもとクラス別の活動が始まります。お散歩や自然遊び、製作活動、リズム遊び、表現遊び等、毎日の生活をより豊かに、子ども達の興味や関心の幅を広げていきます。子どもたちが意欲的に参加でるように環境設定にも気を配っていきます。
クラス別活動
 昼 食
 
昼食は、季節感を大切に、新鮮な素材を集めた完全給食です。野菜の洗浄や加熱時の中心温度など安全に配慮して調理されます。献立は毎月検討し、栄養バランスはもちろん、彩り、盛りつけも工夫いたします。共に食事をする楽しさを味わいながら、偏食を矯正し、マナーや感謝の気持ちも育てていきます。
昼食
 休 息
 
昼食の後は、静かな雰囲気の中、お話などを聞きながらお昼寝に入っていきます。たくさん遊んだ身体を休め、午後の活動のためのエネルギーを蓄える大切な時間でもあります。
休息
 おやつ
 
毎日のおやつは、子どもたちのお楽しみです。
手作りおやつを中心に、軽食的な要素を考えたメニューが用意されています。
おやつ
 帰りの会(幼児)
 
一日の終わりに気持ちを落ち着けて、子どもなりに自分の心をみつめる時間です。その日の子どもたちの輝きを伝え合ったり、明日の活動に期待を持ってしめくくる時間です。
帰りの会(幼児)
   

特別プログラム

 ワーシップ・サービス(礼拝)

毎週月曜日にワーシップ・サービスを行ないます。
(3〜5才児)ゴスペルや讃美歌を歌ったり、聖書のお話しを聞いて誰にでも親切で素直に感謝できる心を育てていきます。

ワークショップ・サービス(礼拝)
 英語あそび(2〜5才児)
 

米国人宣教師による英語遊びを行なっています。歌やリズムに合わせ体を動かしたり、ゲームをしたりしながら自然に英語に親しむことが出来ます。

 体育あそび(4〜5才児)
 

幼児期の発達特性に適した運動を行ない、それらを表現あそび、ごっこあそび、冒険あそびへと導き、色々なことに挑戦する意欲、豊かな創造力を育んで行きます。

 コーナーあそび(3〜5才児)
 
音楽・製作・絵画・労作(畑や戸外でのお手伝い)等のコーナーを設定し、その中で子ども達が自分の興味のあるものを自由にできるというのがコーナーあそびです。自然に異年齢児との関わりができると同時に、活動を自由に選べるという喜びが充実感、満足感となります。
コーナー遊び
   
       
       

 

 



このページのトップへ